2017年4月2日日曜日

20170402 乗鞍BC

おさらい乗鞍BC

先週の乗鞍BCの
おさらいをしに
乗鞍へ

ゲレンデトップから
摩利支天分岐経由の
富士見岳を目指して
富士見沢を落として
位ヶ原山荘横から
鳥居尾根に向かうルート

雲ひとつない快晴の中
摩利支天分岐を目指して
登る

途中、トレース見付けて
直で富士見岳行けるんぢゃね?
と、滑り台を横切る

先週、摩利支天分岐まで
上がったのにもかかわらず
滑り台を横切った、、、、、
あれ?ここシューぢゃ行けんね
な、場所に出る

板履いてたらなんとかなるけど
シューでは無理!
な斜面に出てしまい
板に履き替えてトラバース
ごたごた+30分強

なんとか
本日のドロップポイントへ

風強っ寒っっ
滑るべ
で、そそくさと
ドロップ

2ターンくらいまでは
きもちよーく
次にモナカ
板掴みと続き
位ヶ原山荘に着く頃には
グダグダw

位ヶ原から先は
先週同様
エコーラインをからめつつ
トレースを追いながら
鳥居尾根を目指す

トレースを追って行くと
どんどん修行になってく
スキーなら
なんてことないだろーけど
ボードはかなりの修行
悪戦苦闘しながら
ゲレンデに下山

本日の教訓
トレースを鵜呑みにするなw

また鳥居尾根チャレしよ

朝、駐車場で
FOORUSHのリューヤさんを
発見したので
帰りはFIVE COUNTを
見ながら帰りましたとさ

〈山行記録〉
9:00 頃 ゲレンデトップ
12:00頃 ドロップポイント
14:00前 駐車場
あーぁ

2017年4月1日土曜日

20170401 御嶽継子

エイプリルフール継子BC

久々スキーで山in
チャオからの御嶽山継子岳

もう春だから
なんとかなると思ってた
のに
甘かった。。。

スキーでゲレンデは滑れる
春のBCも大丈夫
が、、、
ハイシーズンは
ほぼボードの為
スキーでパウダーは
てんでダメ

予想に反して
かなり雪がかなりよく
ヤバいと思いつつ
シールでサクサク登る

ガスってるし
この辺でってことで
2500m付近?からドロップ

・・・・・・ドロップ???
雪がさ
いーのよ
パウダーなのよ

板のどこに乗ってんのか
まったくわかんねー
滑れないー
ほぼ、ボーゲンwww

もったいないオバケ出るね
ってくらいパウダーを
もったいない、滑りで荒らす

視界もよくなってきたので
登り返すことに

わたくし
登れるけど
滑れませんw

1本目と同じトコまで登って
わたしは待機
他メンバーはさらに登って
2本目

1本目よりさらに滑れない
板に雪が付きまくって
シール着けてんの?くらい
板が走らない

なんとか
かんとか
ゲレンデまで戻る

ザックを1回片して
ゲレンデ回して
スキー練

ってゆーのを
全部エイプリルフールの
ウソにしたい
と思った1日でした

スキーで
パウダー滑れるよになる方法
誰か教えてー!

〈山行記録〉
これっぽっちも
覚えてない

2017年3月25日土曜日

20170325 乗鞍BC

今シーズン2回目の乗鞍BC
ドロップポイントバックに
山頂をバックに

ほぼ1ヵ月ぶりの乗鞍
お天気もよく風も無さそう
BC日和♪
だからか、山に入る人は多め

リフト始発は山系の人ばっかりw
とりあえずゲレンデトップを目指して
リフトを乗り継ぎ
最後のリフト
見上げるとかもしかゲレンデで
シール登行してる人発見
もうリフト動くのに
物好きな人がおるもんだ
と思いつつゲレトップ着

ちゃきちゃきと登る準備
が、、、
えんちゃんのスノーシュー大破
ストラップが劣化で切れ切れに。。。
駐車場まで替えのスノーシューを取りに
いったん下る
とゆーアクシデントはあったものの
10時頃スタート

本日の目的地は富士見沢
ごっぴさん先導の元
がんばってついてく

摩利支天分岐で
富士見岳のコル(ドロップポイント)と
山頂をバックに三点倒立

しばらく摩利支天分岐で遊んでると
知った顔に遭遇
じつは朝、
かもしかをシール登行してたとか
あ、あれかwww

ここからはメンバー1人追加で
わたしはお初のコースへ

富士見岳のコルへ移動し
富士見沢を見下ろす

真ん中は結構滑られてるけど
両サイドはまだイケそう♪
いざドロップ

真ん中はふわふわ
両サイドはカリカリぼこぼこ
なるほど
真ん中だけ滑られる訳だ

位ヶ原山荘前を通り
冷泉小屋を通過し
エコーラインをショートカットしながら
鳥居尾根を目指す

途中からかもしかゲレンデの方へ向かい
ゲレンデ着

エコーラインショートカットの林は
ちょっと狭めやったけど楽しかったし
また次も行こっと♪
ごっぴさん先導ありがとうございました☆
ご縁を繋いでくれたみっち謝謝♪

<山行記録>
10:00ゲレトップ
13:00くらい摩利支天分岐
15:00くらいかもしか
15:30くらい下山
だったかなぁ

2017年3月19日日曜日

20170319 鍋倉山BC

ガッスガス鍋倉BC

スノートリップ2日目は
鍋倉山BC

朝から空はどんより
なーのーにー
温井の駐車ポイントは
クルマいっぱい!
こりゃ、
住民から苦情くるわなぁ状態
とりあえずハイク準備

何パーティおるん?
ってくらい
登ってる。。。

とりあえず右側の尾根から
山頂を目指すが
体が動かない
お天気悪いから?
昨日の疲れ?
まさかの二日酔い?
・・・・あ、増量か、、、

禁煙から3kg
登りスペックMAXの
3年くらい前からは
・・・+6kg

いいかげん痩せますよorz

と、誓いながら山頂着
ガスガス
まっしろ
なーんも見えへん
とりあえず滑りますか

わぉ
意外や意外
思ってたよりは
雪が生きてる!

は、初めの数ターンのみ

それ以降は
妖怪まみれ
片斜に妖怪
修行w

次は
お天気も
雪も
いい時に
スキーで入りたいな

〈山行記録〉
全然覚えてない。。。

2017年3月18日土曜日

20170318 五地蔵山BC

いつか乙妻、今回は五地蔵山

久々に秋田家さん泊の
スノートリップ
初日は
戸隠大橋からの五地蔵山BC

お天気いーし
ロケーションいーし
日本語上手なdps外国人かっけーし
雪も
わたしの滑りも◎www

三点倒立オンリーのこのblogに
滑走画像載せたくなったw

少し出遅れ気味の9時前
五地蔵山目指してハイク開始

お天気がいいからか
春を感じまくりながら登る

五地蔵山からの眺めは
ちょーっっいいっっ
高妻山も乙妻山も
行けるとこまで行きたくなる景色

あそこまで行こう、と
八観音をすぎ
九勢至の手前まで

今回はここからドロップ

ハイクで春を感じまくってたし
雪は期待してなかった、、、
が、、、

甘かった
いーぢゃん!!
大満足!

下山の林道も
ボードでまったく苦痛なく
高速道路状態

また行きたい!
&
いつか乙妻まで
サクッと登ってみせます!

〈山行記録〉
8:50 戸隠大橋
12:10 五地蔵山
13:30 八観音すぎた辺りからドロップ
15:00 下山
だったかと

2017年3月15日水曜日

20170315 栂池

久々ゲレンデのみの栂池

久々にパークを
もう1回もう1回もう1回もう・・・と
何度か回して
平日のゲレンデを満喫☆

2017年3月12日日曜日

20170312 白川郷BC

初☆白川郷BCは景色サイコー!

相変わらず行先は直前に決まるのだが、、、
今回はお天気もよさそーだし
『景色がいいとこ』ってことでお初☆白川郷
目指すは野谷庄司山!

予定どーり朝からお天気がよい♪
30分くらい林道を歩く
尾根のとりつきを間違え
引き返し気味に上がり尾根ルートに合流

スキーシールメンバーはサクサク登ってく
わたし1人スノーシュー
離される追いつかない・・・・
なーぜー?どーしてー?
いつもより離されてる気が・・・・

太ったからか?
禁煙太りのせいで体が重いからか?
禁煙ヤメよーかなー
とか考えながら登る

そーいえば
禁煙して太ったからって
また喫煙しても痩せないよ
と会社の人に言われたなぁ
よし、禁煙ヤメるのヤメよう!
ん?
も少し禁煙してみよう
ついでにホンキダイエットでもしよう!
と、心に誓いつつ登る

林を抜けるあたりで
ドロップするパーティ発見
雪質はどんなもんかと滑りを見学
よーさーそぉーだー!!

そこから少し登ったあたりで
『左手にいい斜面があるので』
とダケ言い残し登ってく隊長
あるので???
あるので何だ?
あるので、、、、ご注意くださいか?
いい斜面があるのでドロップしちゃわないように
ご注意くださいってコトか?
と頭に『???』がグルグルしながら
左手に~ポイントへ・・・・・

ヤバイ吸い込まれる
ヤバイよだれが、、、
こらいい斜面だぁ

お初のお山
キョロキョロしながら
ドコからドロップしよーか
みんなニヤニヤしながらステキ斜面を物色

見上げるとピークからは数本のトラックがある
今回はピークに行かず1600m辺りでドロップ
登り返して林の方へ行こう作戦に決定

いざ、ドロップ
ちょーいいっっ
オープンバーンは見た目以上によかった!

登り返しポイントを行き過ぎてしまい
そのまま下ることに
が、、、
笑いがとまらない
いい斜面が続く
&天気がいいとなんでもいいのです☆
滑走写真、動画もいっぱい撮ってもらい
撮れ高はかなり高い

そのまま沢沿いに下る

途中、クラッシュして板捜索したり
『どこもかしこも危険地帯』だったり
いろいろありーの
14時頃早々に下山

お初、野谷庄司山
気に入りました

また行こ!!

<山行記録>
8:25 登り開始
9:00 尾根とりつき
10:30 1600m付近
11:00 ドロップ
14:00 下山
だったかと